子育て・育児

平成30年7月豪雨を体験して

投稿日:2018年7月10日 更新日:

スポンサーリンク


自分が住んでいる地域は、たまたま運よく
広島県や岡山県ほど大きな被害は出ていませんが、
それでも当日は、本当にすごかったです。

私は、仕事の関係上、土砂崩れ等の被害が一番出そうなところを
見て回りました。

川が氾濫してて、
道路が水没しているところもありました。

氾濫していなくても、ドッドドッドと
もの凄い勢いで泥水が流れていました。

マンホールから水が噴出しているところも
ありました。

山の上から大きな岩が落ちてきているところも
ありました。

土砂崩れがおきてるところもありました。

床下浸水しているお家もありました。

今になって冷静に考えると、もの凄いことが起きているんですが、
その時は、まるでテレビの中の出来事のようで、
目の前で起こっていることなのに
何だか現実味がありませんでした。

恐らく、被災者の方達も同じ感覚だったんじゃないかな?
と思います。

私が会った市民の方も目の前の山が土砂崩れしているのに、
すぐに避難するわけでもなく
「あちゃー。もう一回土砂崩れが起きたら大変だぁ。」
くらいのホノボノとした感じでした。

パニックになるよりは、良いかもしれませんが、こういう
「多分大丈夫だろう。」
「まさか自分が被災するわけがない。」
と言う油断と言うか、気の緩みと言うか、
そう言うのが原因で避難が遅れてしままったのかな?
と今になって思います。

自然災害が起きそうな時は、ちょっと大袈裟かな?と思っても
・山の近くに住んでいる人
・河川の近くに住んでいる人
・水没する危険のある地域に住んでいる人(ハザードマップ参照)
これらに該当する人は、ちゃんと避難しましょう!!

アドセンス







アドセンス







-子育て・育児
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

児童発達支援センターの選び方

スポンサーリンク 長男くんが3歳児検診のときに発達障害の疑いがあると 言われました。 それから市の障害者支援を担当する係から 障がい児通所支援受給者証を発行してもらい 児童発達支援センターに通うように …

子ども達とひたすら遊んだ休日

スポンサーリンク 今日は妻の実家に行ってきました。 妻の実家に行くと義姉2人と、その子ども達も 来ていました。 私達夫婦の子ども達 ・長男くん(5歳) ・長女ちゃん(2歳) 義姉の子ども達 ・甥っ子A …

9歳までで決まる! 算数が得意な子になる本

スポンサーリンク 私も妻も算数・数学が苦手で、高校時代文系だったんですが、 今になって思うと、理系の方が圧倒的に有利だと思うんです。 例えば、高校時代に文系を専攻すると文系にしか進めない(=選択肢が少 …

習い事前夜に不安になって泣き出した長男くん

スポンサーリンク スイミングスクールの体験コースのチラシが 入っていたので、本人に行きたい?と 意思確認したところ「行ってみたい!」と 意欲満々だったので、予約しました。 そして、遠視用の水中用ゴーグ …

遠足に行ってきました。

スポンサーリンク 先日幼稚園で遠足があったので、参加してきました。 長男くんが年中さんのときは、仕事が忙しくて参加できませんでしたが、 年少さんのときに参加したことがあるので、今回で2回目の参加です。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク




最近の投稿

最近の投稿

人気記事

人気記事

タグ