子育て・育児 本・書籍

尾木ママの「叱らない」子育て論

投稿日:

スポンサーリンク


明石家さんまさんがMCをやっているテレビ
「ホンマでっかTV」に出演している教育評論家の尾木ママこと
尾木直樹さんが執筆した本です。

この本には尾木ママオススメの叱らない勉強法と
叱らない子育て術が書かれています。

本全体として200ページ以内ですし、それぞれの節が短く
わかりやすくまとめられているので、非常に読みやすいです。

強いて言えば、ハートなど、尾木ママ独特の表現が
ちょっとクドい気はしますが…汗

特に参考になった部分

子育てに手遅れはない

「脳の発達は3歳までに決まる!」や
先日読んだ本「9歳までで決まる! 算数が得意な子になる本
等、「◯歳までに決まる」と言った早期教育を推奨する風潮があります。

私もできるだけ早い内から、しっかりと教育せねば!!
と肩に力が入っていました。汗

確かに早ければ早い程、例えば英語等はネイティブの発音で
話せたりと、メリットもたくさんあると思います。

しかし、◯歳までにトレーニングができないからと
言って、それで終わりではありません。

いくつになっても、学び直しも、育て直しも、成長もできる。
そうじゃなければ、生きていくことに希望が持てない。
子育てに手遅れはない!

と言う考えは、自分自身には適用するんですが、子どもに対しては
変な完璧主義のようなものがあったので、とても参考になりました。
目からうろこでした。

「どうしたの?」はどんな場面でも使える魔法の言葉

子どもが何か悪さをした時って、理由も聞かずに
頭ごなしに叱ってしまうことはありませんか?
私は、よくあります。汗

そういう時は、一度深呼吸して、落ち着いてから
「どうしたの?」と聞くと良いらしいです。

ひょっとしたら行い(結果)は悪かったかもしれませんが、
思い(過程)は正しいかもしれません。

本の事例で言うと、普段は仲の良い姉妹なのに、姉が妹を叩いたとします。
妹を叩いたこと(結果)は悪いことですが、叩いた理由が
妹がライターで遊んでいて危ないと思ったからと
言うことであれば、その思い(過程)は正しいことです。

このような場合は、どういう風に対処すれば良いのかを教えれば
良いのであって、その思い(過程)まで否定してしまうと、子どもの
主体性や意欲がなくなってしまうそうです。

叱るときも、まずは「どうしたの?」と子どもに聞くように
気をつけようと思います!!

アドセンス







アドセンス







-子育て・育児, 本・書籍
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワンピース第867話「HAPPY BIRTHDAY」がホラー過ぎる

スポンサーリンク ワンピースは現在、四皇ビッグマム編です。 6月5日(月)発売のジャンプNo.27では、 ビッグマムが小さい頃の回想シーンが描かれているんですが、 かなり衝撃的な内容が描かれていました …

頭のいい子が育つパパの習慣

スポンサーリンク 子育て=母親がするもの と言う昔からの流れがあるからなのか、 基本子育て本と言うと母親向けのものが多いですよね!! 個人的に、この流れ不満なんですよね。 父親だって子育てに参加したい …

ランドセルを選びに行ったら、少し得しました。

スポンサーリンク うちの長男くんも来年から小学校1年生になると言うことで 先日ランドセルを選びに行ってきました。 Contents1 ランドセルの種類に戸惑う2 ポイントでお得3 ガラポン抽選券までも …

遠足に行ってきました。

スポンサーリンク 先日幼稚園で遠足があったので、参加してきました。 長男くんが年中さんのときは、仕事が忙しくて参加できませんでしたが、 年少さんのときに参加したことがあるので、今回で2回目の参加です。 …

昆虫採集に行ってきました!【2017年夏パート2】

スポンサーリンク 夏と言えば虫取り!!と言うことで、 前回に引き続き、近所にいる虫たちを 捕まえに行きました。 今回は長男くん、長女ちゃんの他に 近所に住んでいる子ども達(姉妹)と そのパパと一緒に合 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク




最近の投稿

最近の投稿

人気記事

人気記事

タグ