治療・病院

内斜視でもプリズムは、すぐには付けない

投稿日:2017年4月20日 更新日:

スポンサーリンク


内斜視の治療=プリズムメガネと思ってはいませんか?
私は、そう思っていました。汗

もちろん内斜視を矯正する場合、どこかのタイミングで
必ずプリズムメガネは登場します。

しかし、小さい子の場合は、すぐにはプリズムを付けません。
その理由は・・・

プリズムを付けると視力が下がる

プリズムを付けると、どうしても視力が0.1~0.3程度下がってしまうそうです。

そのため、プリズムを付けた後も、視力をある程度確保するために、
まずは、視力アップを優先するそうです。

大体メガネ(プリズム無し)を掛けた状態で、視力1.0になるまでは、
プリズムは付けないと医師から言われました。

プリズムを付けるまでにすること

プリズムを付けないからと言って、何もしないわけではありません。
下記のような目を使わせるためのトレーニングをすることになります。

アイパッチトレーニング

アイパッチトレーニングとは片方の目を隠して
もう片方の目で物を見るトレーニング方法です。

通常は視力の良い方を隠して、視力の悪い方の目を
鍛えるためにするトレーニングだそうです。

うちの子の場合、内斜視ですが、どちらの目も寄っていたので、
午前は左目、午後は右目と言ったように左右交互につけて
片目でしっかりと見るトレーニングをしていました。

アイパッチトレーニング中に下記のトレーニングも
行いました。

視点を動かすトレーニング

視点を動かすトレーニングとは
両目で物をしっかり見るようにするためのトレーニングです。

ぬりえや迷路などをさせて、ペンや指先を動かしながら、
その先端をなるべく黒目で追うようにさせます。

私が医師から紹介されたのは「点と線」と言う名前の
トレーニング方法です。

トーマスやドラえもん等の絵の途中に点をつくり、
赤鉛筆で、その絵をなぞりながら、点の部分は○で囲む
トレーニングです。

この「点と線」を1日1回行いました。

プリズムを付けるまで掛かった期間

うちの長男くんが通院を開始してから、上記のようなトレーニングを始めて
プリズムを付けるのに約1年も掛かりました。汗
内斜視の治療には、大変な時間が掛かります。

アドセンス







アドセンス







-治療・病院
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

認知症と老化による物忘れの最大の違いは自覚があるかどうか

スポンサーリンク 年齢を重ねると、 「あの人は誰だったかな?」 「何をしようとしていたんだろう?」 「昨日の夕食何を食べたか思い出せない!」 など、物忘れが増えてきます。 加齢により、覚えたり、思い出 …

認知症になると二度と治らない

スポンサーリンク 老人福祉法が制定された1963年には、 100歳以上の人口は全国でわずか153人でした。 それが年々増え続け、現在(2018年)では 100歳以上の高齢者が7万人近くもいます。 健康 …

内斜視の手術に向けた準備

スポンサーリンク 長男くんが、プリズムメガネのトレーニングを開始して、 しばらくすると、脳が斜視の状態を正しい状態と錯覚してしまっていることが 判明してしまいました。 どういう状態かと言いますと、脳が …

認知症ってどんな病気?どんな症状が出るの?

スポンサーリンク 老人福祉法が制定された1963年には、 100歳以上の人口は全国でわずか153人でした。 それが年々増え続け、現在(2018年)では 100歳以上の高齢者が7万人近くもいます。 健康 …

内斜視が改善されました!!

スポンサーリンク 内斜視の手術が終わり、2ヶ月経過後、 内斜視は再発してしまいました。 しかし!! 先日病院に行ったとき嬉しい変化が起きました!! それは・・・ 内斜視が進行していなかったんです! 長 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク




最近の投稿

最近の投稿

人気記事

人気記事

タグ