本・書籍

気くばりの教科書

投稿日:2017年4月15日 更新日:

スポンサーリンク


現在の業務内容が主に企業の社長や取締役等の重役を相手に
することが多く、相手方に失礼のないようにするにはどうしたら良いのか?

また、職場の中でも、どこまで気を遣うべきか?どのように気を遣うべきか?
とウンウン悩んでいる時に、この気くばりの教科書が目に入ったので
読んでみました。

著者はJALの客室乗務員、飛び込みの広告営業などを経て
現在はマナー講師として活躍されているようです。

著者が女性のため、身だしなみ(ファッションやメイク等)については、特にそうですが、
その他の項目も主に女性に向けて書かれている印象が強いです。

しかし、気くばりに対する考え方等は
男性である私にとっても「なるほど」と思う内容が多数あったので、
男性読者でも読める本になっています。

気くばりとは!みたいに概念的な話もありますが、実践的な内容も豊富のため、
とても参考になりました。

特に参考になった部分

「気くばり」と気づかせないのが「気くばり」

私は相手に気を遣われると、相手に気を遣わせてしまって
悪いなぁと思ってしまって逆に気を遣ってしまうので、
この部分を読んで「確かにそうだ!」と納得しました。

でも逆に自分から気を遣うときは、相手から
「気を遣わくて良いよ。」と言われることが多いため、
相手に気を遣わせてしまっていたんだなと反省しました。

「気くばり」と気づかせないように、さりげなく気くばりを
するのは、難しいですが、今度から気をつけようと思いました。

ダメ出しも良い出しもする

この考え方は目からウロコでした。
ダメ出しは、仕事柄、申請された書類の間違っているところを
指摘する(=ダメ出しをする)ので、よくしますが、良い出しについては
そもそも、そういう発想自体ありませんでした。

よくよく考えると良いところを、たくさん持っているのに、
そこはスルーして、相手の悪いところばかりに目がいっていたなと
反省しました。

特に妻や子ども達を見る時はダメ出しばかりだなと
思ったので、今日から早速良い出ししていこうと思いました。

アドセンス







アドセンス







-本・書籍
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

トモダチゲーム1~8巻を一気読みしました。

スポンサーリンク トモダチゲームは、進撃の巨人も掲載されている 別冊少年マガジンにて2014年1月から連載を開始している 漫画です。 2017年には、実写化されており、4月にテレビドラマ化、 6月に劇 …

「ぎくしゃくしている相手」とうまくいく方法

スポンサーリンク 先日、職場の人にちょっとした相談をしたら、 たまたま機嫌が悪かったのか、それとも単純に私のことが 嫌いなのか、よくわかりませんが、ものすごい悪口を 言われてしまい、ぎくしゃくしてしま …

銀盤騎士11巻がどこにもない!!

スポンサーリンク 銀盤騎士の最新刊であり、最終巻である11巻が 8月10日(木)に発売されました。 銀盤騎士は妻が好きな本で、集めていたので、 本屋に行くなら、一緒に進撃の巨人23巻とワンパンマン14 …

ラブホの上野さん1~5巻を一気読みしました。

スポンサーリンク ラブホの上野さんは、月刊コミックフラッパーにて 2014年7月から連載を開始している漫画です。 2016年には、実写化されており、 12月にフジテレビオンデマンドで配信ドラマ、 20 …

頭のいい子が育つパパの習慣

スポンサーリンク 子育て=母親がするもの と言う昔からの流れがあるからなのか、 基本子育て本と言うと母親向けのものが多いですよね!! 個人的に、この流れ不満なんですよね。 父親だって子育てに参加したい …

スポンサーリンク

スポンサーリンク




最近の投稿

最近の投稿

人気記事

人気記事

タグ