治療・病院

子どもに視点を動かすトレーニングをさせるコツ

投稿日:

スポンサーリンク


子どもは視点を動かすトレーニングを嫌がって、どうしたら良いか
悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか?

うちの長男くんも、かなり抵抗しています。汗

しかし、妻の考えた下記の方法をとることで、
アイパッチトレーニングほどではありませんが、
一応やってくれるようになりました。

視点を動かすトレーニングとは

両目で物をしっかり見るようにするためのトレーニングです。

ぬりえや迷路などをさせて、ペンや指先を動かしながら、
その先端をなるべく黒目で追うようにさせます。

私が医師から紹介されたのは「点と線」と言う名前の
トレーニング方法です。

トーマスやドラえもん等の絵の途中に点をつくり、
赤鉛筆で、その絵をなぞりながら、点の部分は○で囲む
トレーニングです。

この「点と線」を1日1回行いました。

子どもの好きなものを題材にしよう

最初の頃は、病院からもらったトーマスやドラえもん等を
しぶしぶしていましたが、途中から飽きてしまい、全然
やらなくなってしまいました。汗

無理やりやらせてみたり、ご褒美で釣ったり等、
いろいろ試行錯誤も重ねてみたんですが、効果は
一時的なものでした。

そこで長男くんに「どうしたら、やる気が出ると思う?」と
聞いてみると、「動物戦隊ジュウオウジャーだったらやる!!」
(始めた当時は、まだジュウオウジャーが放送中だったため。)
とのことだったので、早速妻がジュウオウイーグルの「点と線」の
題材を作成しました。

すると、やる気を出してするようになったんです!!
同じものをすると、飽きてきてしまうので、ジュウオウライオン等、
その他も作成して、「今日はどれやる?」と選ばせると、やる気を
見せて視点を動かすトレーニングに取り組んでくれるようになりました。

現在は宇宙戦隊キュウレンジャーが好きなので、

シシレッドや

カジキイエローを妻が作成してトレーニングさせています。

↑のは、わざわざ妻がイラストレーターを使って作成していますが、
本屋さんで売っているぬり絵を買ってきて、点の部分を作ってコピーしても
同じようにできると思います。

このように工夫すると、うちの子は
やる気を出したので、題材を変える方法はオススメです。

アドセンス







アドセンス







-治療・病院
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

プリズムメガネにしたら斜視がひどくなった

スポンサーリンク 長男くんは内斜視の治療を開始した当初は視力が低かったため、 遠視用のメガネを掛けて、約1年間アイパッチトレーニングや 視点を動かすトレーニングを一生懸命がんばっていました。 そして、 …

認知症と老化による物忘れの最大の違いは自覚があるかどうか

スポンサーリンク 年齢を重ねると、 「あの人は誰だったかな?」 「何をしようとしていたんだろう?」 「昨日の夕食何を食べたか思い出せない!」 など、物忘れが増えてきます。 加齢により、覚えたり、思い出 …

内斜視手術前日の準備

スポンサーリンク 今日は明日の手術の準備のため、当日麻酔を かけてくれる麻酔科の先生がいる病院に行ってきました。 麻酔科の病院での受診は、何か特別な検査をするのかな?と 思っていましたが、事前に行われ …

内斜視治療用のメガネ購入費用の補助金について

Contents1 子ども用のメガネは高い2 治療用のメガネ購入費用の補助金額3 補助金の申請方法 子ども用のメガネは高い スポンサーリンク 内斜視の治療を始めて、一番最初に始まった治療?は メガネの …

認知症サポーターとは認知症の人と家族の応援者

スポンサーリンク 「認知症サポーター」と言う言葉を 聞いたことはありますか? 2005年(平成17年)から厚生労働省が 認知症サポーター等養成事業を実施していますが、 あまり馴染みのない言葉なんではな …

スポンサーリンク

スポンサーリンク




最近の投稿

最近の投稿

人気記事

人気記事

タグ