治療・病院

内斜視が再発してしまいました。

投稿日:

スポンサーリンク


内斜視の手術が終わった当初は、目は正しい位置に
戻っていました。

しかし、医師からは、手術後は目の位置が
不安定のため、まだ安心できないと言われていました。

特に長男くんの場合は、
「脳が内斜視の状態を正しい状態」
と錯覚しているため、再び内斜視に
なる確率は高いと言われました。

再発する可能性を少しでも下げるために
片目にアイパッチ(目隠し)をして
脳の錯覚を矯正できるよう、長男くんも毎日頑張って
アイパッチ(目隠し)してくれていたんですが、
先日病院に行って診察した結果、
残念ながら内斜視が再発していました。

手術する前から数回手術をしないと治らないだろうと
言われていて、わかってはいましたが、長男くんがあれだけ頑張って
いたので、正直ショックは大きかったです。

内斜視を再発していたとは言え、
手術する前と比べると、目の寄り具合は
軽くなっていましたし、以前はできなかった
検査もできるようになっているので、
少しは改善していると思いたいんですが・・・

手術後、約2ヶ月が経過し、目の位置も
ほぼほぼ固定されてきたので、アイパッチ(目隠し)から
プリズムメガネの治療に切り替わりました。

医師からは、これから内斜視が進行するのかどうか
によって治療方法が変わるとのこと。

内斜視が進行しなければ、あと1回だけ手術すれば、
完治するはずなので、内斜視が進行しないことを
ただただ祈るばかりです。

アイパッチ(目隠し)もプリズムメガネも
嫌がらずに頑張ってしてくれているので、長男くんの
努力が報われると良いのですが・・・。

アドセンス







アドセンス







-治療・病院
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

プリズムメガネのトレーニング

スポンサーリンク 長男くんは内斜視の治療を開始した当初は視力が低かったため、 遠視用のメガネを掛けて、約1年間アイパッチトレーニングや 視点を動かすトレーニングを一生懸命がんばっていました。 そして、 …

認知症サポーターとは認知症の人と家族の応援者

スポンサーリンク 「認知症サポーター」と言う言葉を 聞いたことはありますか? 2005年(平成17年)から厚生労働省が 認知症サポーター等養成事業を実施していますが、 あまり馴染みのない言葉なんではな …

通所受給者証とは

スポンサーリンク 障がい児通所受給者証とは、児童福祉法に基づく支援・サービスを 利用するために必要となる証明書です。 障がい児通所受給者証で受けられる支援内容は 大きく分けて通所支援・入所支援の2種類 …

内斜視でもプリズムは、すぐには付けない

スポンサーリンク 内斜視の治療=プリズムメガネと思ってはいませんか? 私は、そう思っていました。汗 もちろん内斜視を矯正する場合、どこかのタイミングで 必ずプリズムメガネは登場します。 しかし、小さい …

内斜視になった原因が判明

スポンサーリンク 先日行った内斜視の手術のときに 切除した目の筋肉を細胞検査に出していたらしく、 その結果が届いていたので、結果報告を受けました。 ちなみに内斜視の手術後、3週間後に 細胞検査の結果が …

スポンサーリンク

スポンサーリンク




最近の投稿

最近の投稿

人気記事

人気記事

タグ